シミ・ホクロの治療に開発された脱毛器

医療レーザー脱毛は、医療機関で使われていることから脱毛エステで使用している脱毛機器よりもレーザーの出力を高くすることができます。出力の調整を低くすることで、レーザー脱毛器は脱毛エステで使用されていることもあります。

 

レーザー脱毛機器は、もともとシミやホクロを治療するために開発されたレーザー治療器だったのです。メラニンを探し当ててレーザーを照射するという仕組みが脱毛にも利用できるということがわかり、医療レーザー脱毛が普及するようになったのです。

 

だからといって、医療レーザー脱毛を受けるとシミやホクロが解消するわけではありません。むしろ、シミやホクロがあるとメラニンの黒い色が反応してしまい熱があたるため、火傷してしまう恐れがあります。

 

このため、日焼けをしている黒い肌には医療レーザー脱毛ができないのです。ただ、レーザーを照射することによって、皮膚が活性化するという2次的効果もあり、美肌になれる期待があります。