医療レーザー脱毛ができるのは医療機関のみ

レーザー脱毛器は、脱毛エステでも使用することができるマシーンです。逆にいえば、脱毛エステのみで使われていると思われがちなフラッシュ脱毛器が医療機関で使用されている場合もあります。

 

その違いは、レーザーやフラッシュのエネルギーの出力の度合いによります。

 

クリニックは医療機関ですから、高い出力に調整してレーザーなどのエネルギーを肌に照射することができるのです。それだけ、レーザーや光の熱を肌にあてることは危険が伴う行為なのだと解釈することもできます。

 

脱毛エステでは、医療機関よりも弱い光の出力調整を行って肌に光線を照射しています。本来はリスクが高い行為ですから医療機関でのみ行えることなのですが、エネルギーを弱くすることでリスクを抑えているというわけです。

 

高い出力でより効果の高いレーザーを照射することができるレーザー脱毛は医療機関にのみ許された行為で、これを医療レーザー脱毛と呼んで脱毛エステとは区別しているのです。